大人になってからの方が父の日に思いを込める

MENU

大人になってからの方が父の日に思いを込める

大人になってからの方が、父の日には思いを込めてしまいますね。「このろくでもない子どもをよくもまあここまで育ててくださいました」という感謝の気持ちをたくさん込めて。

 

それこそ、年齢が一桁ぐらいの子どもの頃の方が、ちゃんと父の日にプレゼントをあげていたと思うのです。それが10代になりますと父の日すら意識しなくなっていました。親のすねを思いっきりかじり虫で生きているのにも関わらず。

 

けれども20代30代と社会人になっている今は、父には感謝しまくりですよ。

 

そしてだからこそ自分の少ない給料からも父の日の感謝のプレゼントを贈るのです。ですから大人になってからの方が父の日を大事にしていますね。父の日は何気に大事なアニバーサリーですよ。

 

毎年父の日の贈り物に悩まされる

いつの頃からか、父の日にプレゼントをするのが恒例となり、毎年のように何かしら贈らせてもらっています。

 

最初のうちは、お酒、安眠枕、オシャレなアウター、ライター、などなど父の好みを考慮しながら買い物に行くのが楽しいと感じられていたのですが、さすがに何年も贈っていると、ネタが尽きてきてしまいました。ですから最近では、かなり手抜きなプレゼントをするようになっていて、ある時には以前に贈った安眠枕をもう一度買ってしまいそうになったほどです(その商品を買ったのを忘れていたんです)。

 

うーん、皆さんは、父の日の贈り物はどうされていますか?私のように、だんだんと手抜きになってませんか?それとも毎年のように新たなインスピレーションが湧いてきて、プレゼント選びを楽しいと感じられているのでしょうか。だとすると、すごく羨ましいですねえ。